夏顛末

雑なタイトルだな。
さて、ロス顛末やTDOH顛末をいつ書くんだと思ってる内に
記憶がどんどん薄れてきてもはや個々の顛末記なぞ書けそうにないので
全部まとめて今年の夏を振り返ってしまおう、と云う乱暴な企画。

然し、漸く夏が終わりましたな。長かった…。
六月くらいからボチボチ気温が上がりだして、
涼しくなりだしたのつい最近だもの。四ヶ月くらい暑かった気が。
で、その四ヶ月、m1dyも色んなことがありました。

6月30日。カルフォルニア州ロスアンゼルスで開催された
「ANIME EXPO 2010」に招致され、渡米して参りましたよ。
俺、アニメもビマニも全く関係ないのに何で呼ばれたのかなと
若干不安に思いつつ飛行機に乗り込みレッツゴーカルフォルニア!
先に書いた通りもう記憶がかゆうまくらいになってるので箇条書きで。

6/30

・ロス着。現地スタッフ数人が普通に日本語で話すのでビビる。
・用意してもらったホテルは大きくて立派なとこ。
 でも「着いたらまず飲むぞ!」と思ってたのにミニバーが部屋にない…。
 仕方ないのでチャームに置いてあったゲロ甘いチョコを食う。
・初日はまずインタビュー二件。別のホテルの一室に案内される。広い。
・インタビュアーを待っている間に冷蔵庫を開けたら
 ワインが転がり出て来て、割れる。罠だ。
・インタビュー自体は「まぁ一応しておこう」程度の浅い内容。
 「皆さんはヒップホップのDJですが…」違います。
・インタビュー終了後、滞在先のホテルへ戻り、軽食。
 ホテル近くのサンドウィッチ屋でビールとローストビーフのサンド。
・夜はAX出演者とスタッフのみの食事会。ブラジル料理屋?
・食事会はいいんだけど、ブッフェスタイルじゃなくて一品一品出てくる
 スタイルなので、いつまで待っても飯が出てこない。闇雲にワインを飲む。
・どうも有名な人がいっぱいいた様なのだが(声優さんとか)
 AKBしか分からんかった。ワインの肴に遠巻きに眺める。
・あんまり料理出てこないもんだからAKB食わないで帰っちゃった。不憫。
・外の喫煙所でナベシンさんと話す。
 「俺も本名ナベシンなんですよ」「マジすか。Wナベシンじゃないですか」
 何か目立てる機会あったら呼んでください!と言ってもらえたので、
 後日、本当にお呼びした。詳しくは後半で。
・食事は、デザート以外は全部食ったんだが、全然印象に残ってない。
・その後はどうしたっけ…忘れた。たぶん寝た。

7/1

・起きると横に明らかに寝不足なMプロが。「鼾がうるさくて…」うむ。
・オープニングセレモニーに出席。ノキアシアターというやたらデカイ会場。
 会場に入る前に生まれて初めてレッドカーペットを歩かされる。
 ソフィアさんの後ろからゾロゾロとガラの悪い連中が登場。


・セレモニーの様子。前を通るAKBをニヤニヤ眺める我々。


・順序が思い出せんが、その後サイン会に駆り出された様な。
 十人くらいしか来なかった。ライブ終わったあとにやりゃいいのに。
・昼飯はAX会場で巨大なピザを2ピースと巨大なチーズバーガー。まずまず。
・招致メンバーの半分はノキアシアター前の野外ステージでプレライブ。
 スピコアは野外だと何だか訳分からなくなりそうなので俺は辞退。
・社長(GUHROOVY)に「酒屋とか近所にないんすかね」と話すと
 探しいくか、とホテル周辺をぶらぶら。結局見当たらず。
 ホテルに戻り現地のコンダクターに訊くと「スタッフルームにありますよ」と
 言われたので見に行くと、ビールやら食い物やらが倉庫に山積み。ひゃっほう。
・部屋で酒飲んで寝たり。ちょっとのんびり。
・野外ステージ組帰還。ホテル近所のパントリーでディナー。
 トップサーロインステーキを頼んだら巨大な肉塊と山盛りのグリンピース、
 ベイクドポテト、コールスローが出てきた。実にアメリカっぽい。味は大味。
・昨晩俺の鼾のフジロックで死にかけたMプロはこの夜よりスタッフルームで寝る。
 一人でだだっ広いツインルームで寝る俺。

7/2

・ライブ当日なのだが、この辺になると記憶が曖昧。
 昼間は確かまたサイン会に駆り出された。
・やっぱり人が来ないので近くで売ってたターキーサンドを食いながらサイン会。
・夜はライブ。クラブノキア。国と会場は変わってもいつものエクハドノリ。
・楽屋ではビールを飲んだりおにぎりを握ったり。CHAMPさんが来て吃驚したり。
・アニメもビーマニも関係ないm1dyですが、アメリカのファンが集まってくれた様で
 ライブはいつも通りだった。国は違ってもモッシュは起きるのだなーと変に感心。


・結局イベントは満員御礼で終了。トータルで三、四千人くらい入ったとか。
・リハの時は我々をうさんくさそうな目で見ていたクラブのオーナーに
 イベント後、真剣な目で握手を求められた。分かりやすい国だ。
・夜は社長とNO+CHINさんの部屋で深夜まで酒を飲みつつダベる。

7/3

・第一食はホテルの近くのワゴンで売ってたタコス。
 1.5ドルだったが、異常に旨かった。正直ロスで食った物の中で一番かも。
・最終日なのでフリー。午後より皆でリトルトーキョーへ出掛け、和食。
 唐揚げ・炒飯・寿司など。和食はやはり良い。
・現地コンダクターの方に我々の食費が毎日支給されていたのだが
 イベントが大成功したせいか、いきなり倍くらいに額が上がったそうな。
・大道芸のおっさんを眺めてたら巻き込まれてえらい事に。
 やたら本名で語りかけられる。


・これはたまらんと退散しようとすると、何故か売り物のCDを貰った。
・夜、何故かまたインタビュー。今度はAXのサイトに載せる為用らしい。
 動画撮影形式だったので、色々ふざける。
・AXのオーガナイザー?つまり一番えらい人がクラブノキアの
 VIPルームに招待してくれたので行ってみるも
 特にやる事ないのですぐ出てきた。
 帰り際、片隅でソフィアさん達がひっそり飲んでる姿が目に入る。
・また社長たちの部屋でダベった後、就寝。

7/4

・朝一で飛行機欠航の知らせを聞く。マジかよ。
・AXも最終日だし、完全にオフ。とりあえずマイク(現地スタッフ・日本語ベラベラ)と
 またタコスを食いつつダベる。
・ハリウッド行こうぜと云う話になりギターセンター入り口の有名ミュージシャンの
 手形を眺めたり、ビンテージギターや機材を眺めてアガる。
・日本のハウス食品がやっているカレー屋でキーマカレー。量がパねえ。
・サンタモニカビーチへ。天気もよく、非常に爽快。
・夜は現地スタッフのリーダー、エディの家へ招待される。
 音ゲーの筐体やら関連グッズが資料館を開ける物量であり、驚愕。
・BBQ食ったりビール飲んだり水煙草吸ったり花火したり。楽しかった。

7/6(時差で一日プラス)

帰国。成田空港に着くなりいきなりカツ丼を食う。うめえ。

てな感じ。意外と憶えてたな。
で、帰国後は夏コミに向けて即修羅場。約一ヶ月唸る。
その間に何かあったかな…あれだ、漸くタワレコのフリー雑誌
「bounce」にm1dy新譜情報を載せてもらえた。六月末の号らしいけど。
あと「あじわい回転寿司 禅」のCDの件でナニコレ珍百景の取材が来るかも!って
話があったが、結局お蔵入りになった様子。まぁテレビなんざそんなもんだ。

そして8/8は「THE DAY OF HARDCORE」。
今回も沢山のご来場、誠に有難う御座いました。然し今年も暑かったな。

・昼。会場のAMATE-RAXI到着。リハ前なのに既に行列が。
・リハを済ませて即、楽屋(ジョナサン)へ。暑いからビール飲んじゃう。
・m1dyの出番前にラウンジで何かやったような。気のせいかな。
・お誘いしていたナベシン氏がジョナサンに到着。軽く打ち合わせ。
・出番が近付き、会場へバック。暑い!人多い!でも超楽しそう!
・PAの後ろでモゾモゾ着替、ダンサーと共にステージへ。


・BAIT→MOSHPIT→MEGASHIT→DANDYだったかな。
 モッシュがヤバイ。もはやモッシュと言うか人の津波。
・途中でナベシンさん登場。WナベシンでMEGASHITをがなり立てる。
 ナベシンさん自作のメガネポップを高々と掲げ、会場大盛り上がり。
・WナベシンのままDANDYで、締め。
・PA裏で暫く気絶。着替えてジョナサンに戻り、ナベシンさんに丁寧にお礼を言う。
・太郎(MC暴力)がシマムラに何やらおかしな恰好をさせられている。
 雨合羽上下に紅白帽、アルミホイルで耳やら角をつけたり。
・ナベシンさんも「こうしたら面白いんじゃない?」とプロデュース。
 太郎に「いいなーナベシンさんにプロデュースしてもらって」と言うと
 どうやらそこで初めてナベシンさんと認識したらしく、太郎卒倒。
・その横でメガシットが「ひゃっはーざまぁないな!」と太郎を罵る。
 一人はしゃいでいるが、誰もメガシットに目を向けない。いない人扱い。
・締めトークの為に再びステージへ。皆でMC暴力をいじり倒す。
 恒例の「帰れ!」の後、シマムラが退場曲にGetWildをかけると
 何故かマイクを片手に歌いだす太郎。ステージ下へ蹴り落とす。
・打ち上げはいつもの店。メガシットの鼻にタンポンを突っ込もうとするも
 暴れて嫌がり断念。それを見ていたチャキが自ら鼻に突っ込み、喝采を浴びる。
 それが悔しかったのか、暫くしてからタンポンを咥えるメガシット。
 女子陣に本気で気持ち悪がられて、終了。

TDOHが終わって翌週はコミケ。なんか今回はいつにも増して暑かった気が。

・前乗りで品川に一泊。メガシットを呼び出し、海鮮居酒屋で旨い刺身を肴に酒宴。
・一夜明け、有明へ。人だらけ。売り子(ZUHO&gatotsu)と無事合流。
・ブース設営時、なかなかバボB&政所のスピキンレディオ組が来ない。
 どうやら久しぶりのコミケ参加で、電車で楽に行けるだろうと舐めてた模様。
 結局サークル入場に間に合わず、一般入場で来る羽目に。
・スピキン組、無事到着。落ち着いてからバボBと共に会場内をぶらつく。
・サイケアウツのVJ LUCKYに久しぶりに会う。ビールを飲みつつダベる。
・外でLUCKY、限界ラヴァーズのnabさん、LEMMYさんとダベる。
 なんかダベってばっかだな俺。
・打ち上げはSHARPNEL、C君(C-TYPE)、BlasterHeadらと
 八重洲の台湾料理屋へ。
 やたらに旨い台湾料理を食いつつ昔話に花が咲く。あの店ホント旨いわ。

八月終わり、またバボB、えんじょうじ、m1dyの三人で山形は米沢へ一泊旅行。

・ホテルは東横イン。どこに行っても安心のクオリティ。朝飯ついてるし。
・まずは以前に訪れた米沢ラーメンの店「熊文」へ。
 あっさり醤油味のスープがちぢれ麺に絡み、最高。
・現地の温泉施設「平安の湯」へ。見た目は銭湯に毛が生えたスーパー銭湯。
 が、湯は最高。入湯料は驚きの三百円。タオルを買っても四百円。
 湯から上がり、暫し大座敷でビールを飲みつつゆっくり。最高。
・その後は現地の友人、DJナンセンスさん&ナリヒコさんの
 案内で居酒屋「弁慶」へ。
 米沢なのに何故かしめ鯖が最高。過去に食ったしめ鯖の中でトップクラス。
 勿論、米沢牛串も最高。つか何食っても旨かった。
・飲んだあとはまたラーメン。「ラーメンスナック博」という店へ。
 ここのラーメンも旨い。特にチャーシューが旨すぎてまたビールを頼んでしまった。
・翌朝、東横インの朝食をやたらめったら食う。おにぎりに卵かけご飯とか。
・土産を買いにスーパーへ。芋煮やら米沢牛カレーやらをどかどか買い込む。
・赤湯温泉を満喫。入湯料二百円。素晴らしいね。
・ナンセンスさんのご実家のお蕎麦屋さん「伊澤」へ。
 風通しのよい座敷で、旨い蕎麦は勿論のこと、旨い芋煮、山形の旨い酒を頂く。
 気がつくと三人ともあまりの気分の良さに昼寝をしていた。
・少し早めに山形を発つ。終電前に渋谷に着けた。

九月に入り、木更津m1dyスタジオに山の様に積まれた
段ボールをどうにかしようとメガシットを呼び出して
レンタカーに段ボールを詰め込みクリーンセンターへ。
ご承知の通り現在無職のメガシット、少しでも足しになればと少しバイト代を渡すと
「金で何でも解決できると思ってるんでしょうな!」と吐き捨てられる。
こいつはもう色んな意味で終わってるんだな、と思った。

そして先日のエクハド大阪で漸く、今年の夏が終わった。いやー長かった。
来年の夏はどうなってるんでしょうね。まぁ面白ければ何でもいいや。
スポンサーサイト
  1. 2010/09/27(月) 02:54:40|
  2. Text - 雑記
  3. | トラックバック:0

関西遠征顛末

てなわけで、一年ぶりのエクハド大阪、お楽しみ頂けたでしょうか。
関係者諸氏(特に運転手諸氏)も長距離移動&
着いてすぐイベントと云うハードスケジュール、大変にお疲れ様でした。

さて、溜め込むといつまで経っても書かないので
ロス顛末&TDOH顛末を飛ばして関西遠征顛末。

「着いてすぐイベント?やだよ!前乗りして奈良で一泊しようぜ!」との
バボBの一言で、俺、バボB、えんじょうじの通称「嘘どうでしょう班」の
三人は18日の土曜日の昼過ぎより川崎から関西方面へ出発。

の、前に、まず昼飯を食おう、とバボB宅近所のびっくりドンキーへ。
チーズバーグ単品とフィッシュアンドチップスとビールで昼食。
「いやーびくドン来るの久しぶりっすよ」と言いながらお冷のグラスを
床に落として粉々にし「うわぁ」と悲鳴をあげるえんじょうじさん。
店員さんに割れたグラスを片付けてもらい、しょんぼり。
「…えんじょうじさん、俺のお冷ねえんだけど!って文句言いなよ」
「そんな輩みたいなことしませんよ!」

「つか、なんで、奈良で一泊よ。最初から大阪でも良かったじゃん」
「奈良の天理で天理スタミナラーメンを屋台で食うんだよ」
「旨いのかい、それ」「知らないねえ」等と話しつつ、東名を飛ばすバボBカー。
晴天。窓を開ければ晩夏の風が時速140kmで吹きこんで来、実に爽快。
後部座席ではえんじょうじさんが「閉めて、閉めて」と
両側から土石流の様に叩きつけて来る強風に掻き回され悲鳴を上げている。
「えんじょうじさんは文句が多いな!」と窓を閉める前部座席二人。
「え、俺が悪いんすか…?」とえんじょうじさん、しょんぼり。

「もしもし」えんじょうじさんが電話で話している。
「うん、ああ、ナノループ?型番はXXのXXXXで…」
なんでこの人、ナノループの話なんかしてんだろう。
電話を切った後に「えんじょうじさん、誰とナノループの話してたの?」
「ああ、嫁が携帯を変えるついでに充電機も買うとか言ってたので」
「…それ、エネループじゃないの?」「ああっ!」

暫くすると、また電話。「型番はXXのXXXX…もしもし?XXのXXXXね」と
話している前で「TRの909」「TBの303」「MPCの3000」「ASR-X」等と
デカイ声で関係のない型番を交互に喚いて混乱を誘う前部座席。
電話後、「ああもういいもういい、面倒くさいって感じで切られました…」。
ゲラゲラ笑っていると、また電話。
「もしもし」と電話を取ったタイミングで窓を全開にするm1dy。
「もしもし…うわっ…型番は…ぶおお…XXのXXXX…閉めてー!」

途中、SAで牛串を食べたり、車内でトラッシュトークをしている内に
日も暮れて、漸く「天理」の道路標識をライトが照らす。
「ここで降りるよ」と高速を降りると、すっかり山の中。
「…天理ってこんな山の中なの?」「行けば分かるよ」
暫く走ると、街が見えて来た。なんだ結構大きな街じゃないか、と
思うも束の間、「…なんか静かすぎねえ?」「ここが、天理市だよ」

両側に立派な天理教の施設が立ち並んでいる。
時間はまだ夜の十時。然し、路上には人影がない。
駅方面に近付けども、人影はまばら。「…天理教の人は夜が早いのかね」
「そんなことないんじゃない?ほら」と、前を見ると道の端の一角が一際明るい。
「あれが天理スタミナラーメンの屋台」。

天理郵便局の前の歩道に屋台とテーブルが並び、
そこで十数人がラーメンをすすっている姿が見えた。
皆、車で来ているらしく、車道には車がずらり。

ラーメンはホテルにチェックインしてから食いに来よう、と
屋台の前を通り過ぎると、またも人の気配のしない静謐な夜の街。
薄暗い路地の奥に、ホテルはあった。
「ああ…言い忘れてたけど、今夜は三人一部屋だから」
「嘘だろおい。俺(m1dy)のいびきで二人とも発狂するぞ?」
「しょうがないだろう。予約の段階で部屋がそれしか無かったんだから」

フロントに入ると、誰もいない。
呼び鈴を押して待つこと数分、老婦人が奥から出てきた。
チェックインをしている間「他に空いてる部屋は無いんですか?」と訊くと
値踏みする様な目で見られた後、「今夜は…もう…」と言われる。
あまり考えたくないが、ひょっとして俺らが天理教信者には
見えないからこの扱いなのか…?と、勘ぐる。

部屋は殺風景だが、綺麗な内装の和室で、広さもそこそこある。
畳の上には布団が川の字に並べられていた。
マットレスの上に敷き布団か…と、なんとなく順番に見ていくと
「あれ?俺の布団だけマットレスが無いよ?」「ハズレだな」
なんかやっぱこの宿、やだ。

ラーメンを食いに、外へ出ると、「うわっ牛がおる!」とバボB。
嘘だろ、こんな街中に…と見ると、ホテル近くの建物の軒先から
何か巨大な生物の尻が覗いている。
「…いや、牛じゃない。この長い尻尾は、馬だろこれ」
白い馬の尻が暗闇に浮かんでいた。何故こんなところに…?
滅茶苦茶疑問に思ったが、暗すぎてどうにもならんので通り過ぎ、
天理スタミナラーメンの屋台へ。

屋台は深夜にも関わらず、家族連れやカップルで賑わっていた。
俺はラーメンの小にチャーシューをトッピング。
味は醤油だか味噌だか分からない不思議な味。が、旨い。
かなり味が濃いので酒を呑んだ後に食ったらさぞかし旨かろう。

腹も膨れ、酒を飲みたいな、と天理駅前へ。
デカデカと「ようこそおかえり」と書かれた看板が。どっちだ。
駅前に着き、見渡すもやはり人はあまりいない。まだ十二時前なのに。
飲み屋は結構あった。が、なんとなく入る気になれず、
コンビニでビールとつまみを買いホテルへ戻る。
ホテルの部屋で男三人、缶ビールとサラミをもそもそ。
「…このサラミ、旨くないな」「ちっともレジャーじゃない…」
ふて寝。

翌朝、朝食を食べに下の食堂へ。
厚切りトースト、ゆでたまご、ソーセージ半分ときゅうりの欠片が
楊枝に刺さった物、レモンスライスみたいに薄く切ったグレープフルーツ、
バナナ一切れというメニュー。刑務所みたいだね。
それでも全部食い「もう早く出ようぜ。ここ、ヤダ」と
すぐにホテルを後にし、昨晩見つけた馬のところへ。
明るいところで見ると大人しそうな大きな白馬だった。どうやら神馬らしい。
暫く眺めていると近寄ってきたので頭を掻いてやった。

天理を発ち、一時間くらいで大阪に入る。
大阪に入るや否や「大阪で生まれた女」をフルボリュームでかけるバボB。
後部座席は耳の真後ろにスピーカーがあるので大惨事とみえて、
「うるさいんですけど!うるさいんですけど!」Enjo-Gが死んじゃう!

宿泊先のホテルへ到着。
宿泊者専用の駐車場の場所が分からないのでホテルで訊こう、と
ホテル隣の有料駐車場にとりあえず車を停めるバボB。
無事に場所を訊き、んじゃ移動してくるわと
俺とえんじょうじさんをホテル前に残し、車を出しに行くバボB。
暫くホテルの前で煙草を吸っていると「ちょ、ちょっと来て」と
バボBが青い顔で有料駐車場から戻って来た。何事か。
見に行くと、お金を払わないと降りない車止めの板が
ベッコリとバンパーの裏側にめり込んでる。デストロイ。
三人で知恵をしぼり、それ以上破損せずに車を出すことに成功したが
バンパーはすっかりベッコリ。バボBもベッコリ。
車の下を覗き込み「なんだよもー!大阪キライだわ!」不憫な大阪。

指定された駐車場に車を置き、徒歩でトライアングルまで移動。
道中、えんじょうじさんと話しつつ、後ろを振り返ると
お通夜と戦争を合わせた様な顔で一言も喋らず歩くバボB。不憫。

その後、トライアングル前の三角公園に到着。
バボBはどうやらホテルで間違った場所を指定されていたらしく
血涙を流して再び車を移動しに戻った。何の罰を受けているんだろう。
えんじょうじさんと甲賀流たこ焼きを食いつつ待っていると
まずチャキ到着、それから続々と出演者陣が到着し、
トライアングルも開店したので中へ。ちゃちゃっとリハを済ます。

イベントスタート。俺は出番まで外にいようと再び三角公園へ。
出番前の出演陣が皆、外にいたのでダベる。
バボBが戻ってくるなり「新世界にかすうどん食いに行こうぜ」
「うどんは別になぁ…串カツなら食べたいが」「じゃあ串カツ食おう」
話はまとまり、嘘どうでしょう班+SHARPNEL.NETの五人でタクシーに乗り、
新世界の串カツ屋でビールと串カツを食いまくる。至福。

腹も膨れ、ホロ酔いで出番三十分前にトライアングル帰還。
暫く会場の様子を眺めた後、Mプロとバトンタッチでライブ開始。
MOSHPIT→MEGASHIT→959→DANDYという流れ。終始、殺人的なモッシュ。
大阪のオーディエンスは毎度暴れっぷりが凄い。怖いくらいである。

ライブ終了後はフロアの上を囲む通路に座り込み、ずっと下を眺めてた。
盛り上がりは止むことなく、ハッピーなバイヴスがアレで、つまり良かった。
そうこうしている内に締めの時間。グダグダトークの為に再びステージへ。
今回のmixiキーワードをフロアに募集かけたところ、
ロンブー淳を童貞にした様な感じの男が何か夢みたいな事を言っていたので、
その何かは却下し、キーワードは「腐ったロンブー」に無事に決まった。

「腐ったロンブー」mixi & twitter
http://mixi.jp/show_friend.pl?id=23148017
https://twitter.com/kyou1110

打ち上げは千日前の某店。
いつにも増してひっどい悪ノリをしていた気がする。やたら半裸がいたし。

打ち上げ終了後はホテルへ。ここからが本番である。
大部屋に布団がずらり。その中央のテーブルで二次会スタート。
ひどすぎてここに書けない様なことばかりだったが、
個人的に一番笑ったのは、先に寝ようとした楽天斎にポットの熱湯を
かけようと画策したシマムラが小皿を持って「m1dyさん早く!これにお湯を!」。
何も考えずポットを押すと、勢い良く噴出した熱湯を手に浴びて
「アッチィィィィ!!!」と悲鳴をあげるシマムラ。
この時点で大爆笑してしまい腹を抱えていると、小皿に残った熱湯を
ぶっかけられた楽天斎が続けて「アチチチチ!!!!」と悲鳴をあげる。
危うく呼吸困難で死にそうになった。

そんなこんなで朝の五時、漸く就寝時間。寝床へ入る。
三時間後にアラームに叩き起される。おい、全然寝てないぞ…。
荷物をまとめ、ふらふらと下に降りると既に皆、支度を済ませて集合していた。
皆で集合写真を撮り、帰路へ。

「帰りは温泉と禅によって寿司食ってこう」とバボB。
いいアイデアだが、間に合うかね?「東名で行けば大丈夫でしょう」
有名人しりとりをしつつ、箱根着、夕方四時。なるほど確かに早かった。
iPhoneを眺め「どうもエクハド組は中央道で帰ってるみたいですね」と
えんじょうじさん。今どの辺にいるのかね?「まだ半分くらいみたい」嗚呼…。
箱根のお山を登るバボBカー。車外の気温がどんどん下がってきたので
窓を全開にする。涼しくて気持ちが良い。
「さむい…さむい…」後ろでえんじょうじさんが楢山節考。
「しめて!しめて!」面白がって開けっ放しにしていると
「窓閉めてくださいよ!怒りますよ!」とえんじょうじさんブチ切れ。
「服を沢山着なさいよ!」と逆アップで返す。
「俺をバカにしてるんでしょう!」
「バカになんかしてないよ!尊敬もしてないけど!」

温泉到着。空いていたが、白濁した湯の成分が強いらしくすぐに暖まり、
大変気持ちがよく素晴らしい。
「えんじょうじさんは怒っても面白いなぁ」「…もう、いいすよ…もう」
「いじけられても困るんだよ…」「どうしろって言うんですか!」

箱根から小田原へ。あじわい回転寿司禅に到着。
小田原へ向かう車中、俺は気絶してたので気付かなかったが
どうやらえんじょうじさんは湯あたりで一人拷問状態だったらしい。
「えんじょうじの湯あたりって曲作ろうか」「どんなんすか?」
「温泉大好き!でも気分が悪くなる!とか」字に起こすと大して面白くなかった。

禅で旨い寿司と酒を轟々と吸い込んでいると、知らない間に気絶してた。
あ、こりゃ倒れると思い、先に車で寝かせてもらう。疲れすぎ。

帰りの車中。
何かの拍子にバボBが「うそーん、うそーん」と言ったので
「お、エンジン音?」「うそーん…うそーん…うそーーーーーーーーん」
「走りだした!」嘘バイクと、命名。

そんなわけで関西遠征顛末、おしまい。
次回は10/15宇都宮CLUB惑星でトーク&ライブ!詳細は後日!
  1. 2010/09/23(木) 17:06:44|
  2. Text - 雑記
  3. | トラックバック:0

日曜はエクハド大阪

さて、次の日曜はいよいよエクハド大阪ですよ。
今回も遠方割引が実施されるそうです。
関西地区以外からご参加されると交通費1000円お得なので
「行きたいけど遠いなぁ」とお悩みの諸氏は今一度、御一考を。
皆で騒ごうぜ。

---------------------------------------------------------------

■今年も遠方割引を実施します!
2府4県(大阪・京都・奈良・ 滋賀・兵庫・和歌山)以外からお越しの方を対象に、
遠方割引を実施させて頂きます。
遠方からお越しの方は、開催当日に、
お住まいの地域が分かるものをエントランスにてご提示ください。
入場料金を2000円(1000円OFF)に割引させて頂きます。
フライヤーでの割引との併用はできませんのでご注意ください。

●証明に必要な物の例
・顔写真と住所が記載された身分証明書
(免許証、保険証、住基カードなど・有効期限内のものに限る。
提示した本人のみ有効・コピー不可。)

・新幹線・高速バス・航空券などの切符、またはその領収書。
(領収書は区間の分かるもの)

xhosaka.jpg

X-TREME HARD
THE INVASION TO OSAKA 2010

2010/09/19(日) @ 心斎橋TRIANGLE
http://www.triangle-osaka.jp/accessmap/
OPEN/CLOSE : 13:00-19:00
ENTRANCE : 3000YEN/1D
W/F : 2500YEN/1D

大阪2回目のX-TREME HAA(ry
昨年フロアを歓喜と熱狂の渦に巻き込んだ初開催から早一年、
今年もX-TREME HARD大阪開催が決定!!
東京からのレジテント陣に加え、ついに海外フェスにまで
進出した映像音楽ユニットBUBBLE-B feat. Enjo-Gが!
高知からは『Scouse!TOKYO』のFADAが!大阪に大挙襲撃をかける!
そして今年、エクハド勢に対峙すべく大阪HARDCORE界の
ドン・DJ HORNがついに立ちあがった!
空前絶後のエクストリームサウンドバトル!
勝つのは誰だ!?

▼DJs
DJ CHUCKY (GUHROOVY)
DJ HORN (back to the LUBNOLOGY set)
DJ SHIMAMURA (DYNASTY RECORDS)
DJ BUG (HIGH EMOTION)
FADA&電撃姫 (Scouse!TOKYO)


▼LIVE PA
SHARPNEL.NET (SHARPNEL SOUND)
m1dy (MADDEST CHICK' NDOM)
M-Project (TERRAFORM MUSIC)
AKIRADEATH (MADDEST CHICK'NDOM)
BUBBLE-B feat. Enjo-G (SPEEDKING PRODUCTIONS)
OZIGIRI (MOB SQUAD TOKYO)

▼MCs
KONNY MC (M.H.C.)
楽天斎 (SHC/実験教室/DYNASTYRECORDS)

VJ:
STUPID CORENET CUSTOM GIRLZ
AOiRO_Manbow (SBFR)

X-TREME HARD公式WEB
http://www.xtremehard.jp/

X-TREME HARD公式ブログ
http://ameblo.jp/x-hard

【mixi】X-TREME HARDコミュニティ
http://c.mixi.jp/xh


同時開催!!

ビア充OSAKA2
2010/09/19(日) @ 心斎橋TRIANGLE
http://www.triangle-osaka.jp/accessmap/
OPEN/CLOSE : 13:00-19:00
ENTRANCE : 3000YEN/1D
W/F : 2500YEN/1D

ビア充クルー、まさかの大阪再上陸!
昨年の記憶も鮮明なうちにビア充クルーが大阪にやってきた! 大阪中のビールを飲みつくすべく再び集ったいつものビア充クルーに加え、チップチューンニュースサイトVORCをオーガナイズするなど、 チップチューン界隈ではその名を知らないものはいないhally、また大阪在住かと思えばイベントごとに上京してきたり、 前回ビア充OSAKAではスタッフでもないのにスタッフ以上に協力していただいた(ありがとうございました)kaz a.k.a. HIGEが参戦!
メインフロアのX-TREME HARDとの相乗効果でビールがうまい! 9/19は大阪がアツすぎる!!!


hally [VORC]
kaz a.k.a. HIGE


Yamajet [ビア充 / nlbs]
0森 [ビア充 / nlbs]
Gassyoh [Maltine Records]
ease [淵野辺アンドロメダ]
Tsunamayo [Chromesphere Records]
BUUFAA [WBF / nlbs]
bitscape
plastic [plastic*case]


retu [PixelLife]
  1. 2010/09/15(水) 19:40:57|
  2. Live - ライブ情報
  3. | トラックバック:0