スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

DENPA第7夜顛末

品川駅でタクシーに乗り込み
渋谷駅の新南口までと告げるや否や
「あーごめん、オレ渋谷わかんないや」と言われる。
顔を見るとスキンヘッドにサングラスで
表情からは知性の欠片も伺えない。無残。
解らないなら、いい、と降りて後続車に乗り込む。

会場到着。リハを済まし、暫し会場内に留まる。
会場も楽屋も広くてよいなぁと思っていると
IOSYSのARM君とQUIM君に声を掛けられる。
「m1dyさんが泣いた曲ってどの曲ですか?」
参照:http://m1dy.blog117.fc2.com/blog-entry-128.html
えー、言うの?「あのねゴニョゴニョ…」
「ほら当たった!」と嬉しそうなQUIM君。
一方ARM君は口惜しそうな顔。
「どの曲で泣いたのか二人で揉めてたんですよ」
何も揉めなくとも。

リハを終えた撲殺少女工房(以下BSK)を捕まえ近くのジョナサンへ。
いつものメンツが揃う。
JEA君とDJ DEPATHは早速PSPを取り出しモンハン。好きねぇ。
非モンハン組は暫し歓談。
BSKは昔、女性器っぽいキャラをサイトに貼ってたねと云う話が出る。
本人的には黒歴史らしい。
そこからいつものトラッシュトークが始まり
「女性器でお馴染みのBSKでございます」等と言っていると
AKIちゃん(Da/Le)がいいタイミングで「女性器だからJSKですね」。
新しい名を付けられ、困惑するBSK改めJSK。

そろそろ出番なので会場へバック。
JEA君のプレイしている横に座り込み、フロアを眺めながら待機する。
我々の出番は割と早い時間だったので余り混雑していなかった。
ステージ上も涼しい。こりゃ有難い。
ライブ開始。いつも通り、ステージ前は暴動、その後ろは葬式。
毎度の事ながら見事なコントラストだと他人事の様に思う。
DAY OF HARDCOREの時もそうだったがMEGASHITが妙に盛り上がる。
それからPSYCHO FARM、KIRANGER等の暴走系の曲を中心に進め、
ラストはDANDY、なのだが、
普通のDANDYとキークラDANDYどっちがいい?とフロアに訊くと
キークラ!と返って来たので今回は"KEYBOARD CRASH DANDY"をやった。
http://www.nicovideo.jp/watch/sm2876719
タピオカパンパパン、とキークラと共に歌う。

ライブ後、楽屋で普段着に着替え、蝦蟇の様な顔で休んでいると
テクノウチに「ARMさんがヘッドフォン忘れたらしいんですけど
予備のヘッドフォンとかありませんか?」と訊かれたので
ステージの上に置きっ放しだからそれ使っていいよ、と言う。

ジョナサンにバックし、Uzulla氏と打ち合わせ。
会場から戻ってきたAKIちゃんも加わり技術的な話をする。
実際の所はAKIちゃんとUzulla氏が真面目に技術的な事を話す横から
私が思い付いた事を口から垂れ流して茶々を入れる形。ボク役立たず。

今回はAKIちゃんにVJをお願いしていたのだが
事前にキークラやるかもと伝えてなかったので
先に言っておけばキークラの素材準備できたねと言うと
「その場でニコ動から動画をDLして使ったので問題ないです」と。
マジかよスゲー。そこまで瞬時に対応できるVJ見たことない。

途中、用事で中抜けをしていたMEGASHITの人から電話。
用事が終わったので戻るとのことなので
さっきのジョナサンにいるよ、と告げると
三十分後「今サイゼリアに着きました」と電話。
皆でサイゼリアに行ったのはもう三ヵ月も前なのだが。
彼の脳内では一体、何が起こっているのだろう。

そろそろ撤収しようか、と皆で会場へバック。
大盛り上がりのテクノウチのプレイの最中
ステージ上で機材をまとめていると
アニメ店長に「白いマイク見ませんでしたか?」と訊かれる。
見てなかったのでそう言うと、低い姿勢でくまなく探しだす店長。
後で気が付いたのだが、どうも彼がDJシーザー氏だった様だ。
お役に立てず申し訳ない。

物販を回収し(お買い上げ鳴謝)、オーガナイザーの点線君に
「一回置きくらいで、呼んで」と出演の押し売りをしたのち、
会場を後にする。

いつものメンツ&BSKで打ち上げ。店もいつもの所。
途中からGUHROOVYの営業を終えたCHUCKYも合流し
皆で延々、酷過ぎてここには書けない内容のトラッシュトーク。
笑い過ぎで呼吸困難状態のBSK曰く、
「東京のハードコアの人はコワイ。特にm1dyさんが」褒められた。

解散後、CHUCKYと二人でサウナで打ち合わせ。
汗を流してさっぱりした所で居酒屋「海峡」で麦酒。
打ち上げで色々食べたので腹は減ってなかったが
何となく海峡名物の大盛り唐揚げを頼んでみると
10cm以上ある巨大な唐揚げが五個、山になって出てきた。
うんざりしながら二人で食す。味は良かった。

CUHCKYと別れ、漫画喫茶で花輪和一、根元敬、丸尾末広等の
ガロ作家陣の作品を読み漁り、昼過ぎまで寝る。
起きてからも夕方まで読書。久しぶりに漫画漬けになった。
夕方、漫画喫茶を後にし、渋谷を徘徊。特に行きたい所がない。
KEY(楽器屋)を冷やかした後、近くのルノワールに行くと改装中。
しょんぼりして上を見上げながら歩いていると
空いていて静かそうなカフェを見つけたので強盗の様な顔で入店。
窓際の席に落ち着き、コロナビールを飲んでいると
ふと、あれ?ヘッドフォンってどうしたかなと思い出す。
ARM君に貸した以降、荷造りした記憶がない。
会場に置いて来たな、こりゃ、と思いつつmixiを開くと
「今ヘッドフォン、札幌に来てます」とARM君からメッセージが。
持ち主ですら行ったことがないのに。先を越された。
時間ある時に送ってくれればいいよと返信をし、
それから「渋谷には行きたいとこがない」と無駄な日記を書く。
カフェの窓から回転寿司の看板が見えたので、そちらへ移動。
麦酒と共に四皿。ブリトロが美味かった。

品川へ向かうタクシーの車中で知人より電話。
そっち行くよ、とのことなので品川で落ち合うことに。
「軍鶏」の二文字に惹かれ「芋蔵」と云う店に入る。
九州料理の店なのだが、焼酎が三百種もあり狂喜。
森伊蔵や魔王等のレア焼酎もグラスでオーダーでき、
軍鶏と黒豚を中心にした料理も全て酒飲み好み。
山海胆(恐らく豆腐を味噌に漬けた物)が絶品であった。
今後、贔屓にする。

あご出汁の茶漬けで締め、本屋へ。
諸星大二郎の単行本二冊、水木しげるを一冊を購入。
駅前で知人と別れ、高速バスで帰還。
出だしは酷かったが、結果、楽しい二日間であった。
スポンサーサイト
  1. 2008/09/02(火) 03:24:09|
  2. Text - 雑記
  3. | トラックバック:0

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://m1dy.blog117.fc2.com/tb.php/133-d039a67c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。