迎春

えー…明けましておめ…もう十四日だな…。
今更ですが本年も変わらずご贔屓のほど、ひとつ。

去年は後半、肺を壊して散々だったので振り返らない。
唯々、人に助けられ生きているなと思うことばかり。有難い。
年末年始には概ね体調も戻ったので、年越しから振り返る。

年越しから元旦はm1dy生誕地、品川は大井町のホテルに潜伏して
ヨーカドーで購入したシーバスリーガルと正月っぽい惣菜を並べ、
ひたすらお笑い番組を眺めて、寝て、眺めて、寝てを繰り返していました。
気が向いたら徘徊しに出たりもしたのだが、恐らく幼少時に生活していたと
思しき場所がまるで様変わりしており、懐かしくも何ともないと云う。
まぁ三十年以上ぶりだし都内だしで、変わっていて当然なのだが、
「ああ…ここはあの路地だ…」とか「あったなぁこんな店…」とか
「貴様は…あの時、とどめを刺した筈だぞ…」とか
そういうのをちょっとは期待していたので、遺憾の意を表する。
俺の故郷はコンクリートとアスファルトと知らない顔で塗り潰されていた。

二日は朝から同じく大井町の「おふろの王様」へ、王様を探しに行く。
恐らく金髪で太鼓腹の人だなと見当をつけ探すも、それらしい人がいない。
仕方なく風呂に浸かり、上がってから脱衣所の鏡を見ると、見当通りの人が。
王様は、俺だった。

午後からDJ CHUCKY&DJ BUGと待ち合わせ、生まれて初めて明治神宮へ。
人がいっぱい。しかも超並んでる。
何か貰えるのかしらと並んでみるも何も貰えず、逆に小銭を取られる始末。

おみくじを引く。なんか詩が書いてあり、吉でも凶でもない。
これ俺が知ってるおみくじと違う。
あとで調べたら昔の尊い方達の和歌とか詩文らしい。アリガタイネ。

夜、エクハド関係者の新年会があるので、男三人でデパ地下で買出し。
参加者の一人が餅つき機を持参して餅をつくと云う話を訊いていたので、
あえて切り餅を買って行って正月早々ぶん殴られようか、とか相談するも
そこは流石にいい大人なのでちゃんとしたお惣菜を多数購入する。

道玄坂を登り、会場のアシパンへ。初詣疲れで坂道がえらいキツイ。
俺に構わず先に行くんだ!とカッコイイ声で叫ぶ、真冬に汗だくのデブ。
二人に遅れて到着するも、暫し、ぐったり。どんだけ体力落ちてんだ。

漸く動けるようになり、会場に処狭しと並べられた料理を物色。
女性陣お手製の温かい鍋や料理が独身男の身に染みる。どれも旨かった。
餅つき機からは突き立てのお餅が魔法の様にどんどん出て来て夢みたい。
裸のニワシとMC暴力が熱湯をかけられて踊るその様、まるで竜宮城の様です。
汚い声の乙姫さま、えんじょうじさんが登場。何故かライブが始まる。
持ち歌の歌詞がいつもより激しくうろ覚えだったので、会場は大盛り上がり。
新年早々、大爆笑の新年会でした。

新年会終了後、唐突にDJ CHUCKY宅へ泊まることに。
友人のジョンの運転でチャキ宅へGO。ジョンも泊まるとのこと。
三人でアメリカのあまーいお菓子とかを食べつつ
YOUTUBEで民間の武器マニアが兵器をぶっ放して大爆発させる動画とか
ベーコンで包んだ肉を豚に突っ込んで焼いてる料理動画とかを見る。

三日、昼。起こされると同時に「温泉行きますか」と言われ、
ジョンカーで一路、箱根へ。
何度か行ったことのある温泉施設へ行き、初温泉に浸かる。
帰りは小田原に寄り、あじわい回転寿司 禅へ。
正月三日から大繁盛の中、店長に新年のご挨拶をし、旨い寿司を頂いた。
夜、今年初めて自宅へ戻る。

四日からは雑務と今年一年スムーズに動けるよう足元固めに勤しむ。
大体片付いたので、そろそろ曲作りに取り掛かりたいところ。
スポンサーサイト
  1. 2012/01/14(土) 07:50:33|
  2. Text - 雑記
  3. | トラックバック:0

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://m1dy.blog117.fc2.com/tb.php/382-a55e1cc4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)