スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

【新譜全曲解説】夢と無法の国 -The kingdom of dreams and outrage-

さて、先日M3で頒布したm1dy新作「夢と無法の国」の一般流通が6/4から始まります。現在各所で予約受付中。



TOWER RECORD
HMV

他、お近くのCDショップ(恐らく要注文だとは思うが)、色んなとこ.com等、お求めやすいところでご入手くださいませ。

では全曲解説。

01 Paint The Town Shit (410bpm)
けたたましいシンセリードメインのいつものm1dy節。「Paint The Town Red」(パッと騒ぎに行こうぜ)という言い回しがあるそうだが、そのままじゃ捻りがないのでRedをShitにしたら途端にクズいタイトルに。「クソ漏らすくらい飲みまくろうぜ」とか、そんな感じ?

02 Meathead (350bpm)
「Meathead」と言うのは「頭からっぽマッチョ」を揶揄する言葉とのこと。なんか手元にやたらMeathead言ってるネタが沢山あったのでまとめて使った。会話の部分は「俺は物を上げて下ろすんだ」と言っているっぽい。途中のタム回しのところが今まであまりやったことのない感じ。

03 All Nerds Hate Sports (1000bpm)
事故。1000bpmを超えるとエクストラトーンと呼ばれる様だが、本当にこういうものかどうかよく知らない。しかしこの速さでも結構ビートとして認識できるもんだな。タイトルは俺の独断と偏見。

04 Hardcore CrazEEEEE (360bpm)
最初は確か、LMFAOみたいなパーティーチューンを作ろうとした筈。色んなトーンで歌ってみたり、EDM系の音色を取り入れたり色々したが、結果は、まぁこうなるよな。作ってるの俺だし。

05 Fuck The Duck (370bpm)
最後もm1dy節で締め。便所を流す音のループを隠し味に使っている。「Fuck The Duck」は「なまける・さぼる」のスラング。イメージとしては曲作りに行き詰って全裸で家を飛び出す的な。自声ボーカロイド(UTAU)の部分は嫌な感じの言葉を連呼している。

てな感じで、今回は可愛らしいジャケとは真逆のクズいゲスい頭おかしい(本人は平常運転のつもりだが)曲ばかり。末永くお楽しみ頂けると、幸甚。

全曲試聴
スポンサーサイト
  1. 2014/05/29(木) 18:26:44|
  2. Release - 物販情報
  3. | トラックバック:0

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://m1dy.blog117.fc2.com/tb.php/559-67a57479
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。